RK・PRK・レーシックについて | 近視の治療・回復方法

人気のレーシック医院TOP5のランキングはこちら

RK・PRK・レーシックについて

レーシックは以前はプロスポーツ選手が行なう程度でしたが、現在は一般の人も手軽に受けるようになってきました。

近視手術の種類としては、最も古いRK、次に開発されたPRK、最新の近視手術であるレーシックがあります。

RK

RKは放射状角膜切開術といい、放射状の切れ込みを角膜に入れることで視力回復するものです。

強度近視や乱視には効果がなく、眼球自体の強度が弱まるという欠点があります。

PRK

PRKは角膜表層切開手術といい、角膜の表面を削って視力を回復するものです。

RKの欠点であった強度近視や乱視にも効果があり、コンピュータ制御で精度が高いことが特徴です。

しかし、手術に痛みが伴い、視力が回復するまでに時間がかかるため、
両目同時に手術することはできないと欠点があります。

レーシック

レーシックは、生体内レーザー角膜切開術といい、角膜実質層を削って視力を回復させるものです。

PRKの欠点をさらに補ったもので、現在もっとも人気のある近視手術になります。