眼鏡のメリット・デメリット | 近視の治療・回復方法

人気のレーシック医院TOP5のランキングはこちら

眼鏡のメリット・デメリット

メリット

取扱いが楽で、コンタクトレンズのようにケア用品の購入費用も必要ありません。

デザイン性に優れた眼鏡も多く、知的に見られると同時にお洒落に見られることもあると思います。

最近では視力の悪くない人も、お洒落として度のない眼鏡をしています。

デメリット

スポーツなどの激しい動きには向いていません。サッカーや水泳、テニスなどは、眼鏡ではできません。また、眼鏡の見える範囲は裸眼よりも狭いといえます。眼鏡のフレーム内でしか矯正されませんので、それだけ眼の動きが少なく、眼の筋肉が衰退して視力低下を招く可能性もなくはありません。ラーメンや鍋などを食べるときも、眼鏡が曇ってしまって邪魔になることがあります。強度の近視の人では、レンズが厚くなりすぎてグリグリ眼鏡になることもあります。眼鏡によって肩こりや頭痛を引き起こしたり、眼が疲れやすくなることもあります。